ミニマリストはお金ない人がやっちゃいけないよって話。

みなさんこんにちはーNoraKuraです。

三連休もラストですねー

毎年、年末年始から成人式の三連休までが何となく一年のはじまりだなーって感じます。

そういうのもあって、世の中的にも祭りのあと的な鬱々とした空気を感じます。。。

NoraKura的にはあまり曜日は関係ないので実感がないですけどね。。。

 

さて今日は何について書こうかなーって考えながら別の作業をしていたのですが、

こういう人はミニマリストに向かないよーって話をしようと思います。

また既にミニマリスト生活をしている人にも共感していただけたり、振り返ってみていただけると幸いです。

ではタイトルは

ミニマリストはお金ない人がやっちゃいけないよって話。

 

こんな感じでいきたいなーと思います。

 

以前にミニマリストと節約生活は別物だよーってお話はさせていただいたのですが、

 

ミニマリズムと節約生活は何が違うのか?を考える回

 

ぶっちゃけ言うと

質の高いミニマリスト生活ってお金がかかるんですよ。

 

ひと昔前のミニマリズムではお金も節約して〜って内容があったのですが、

あの時代はミニマリスト黎明期でしたし、あの時に無かった考え方や言葉もありますので、2019にはミスマッチかなと思います。

ミニマリストが流行った5年くらい昔は、とにかくモノを減らすのが美徳であり、マキシマリストは悪のような風潮がありましたけどね、

そんな感じでただのライフスタイルの一種からどんどん思想的になっちゃって何だかイヤだなぁと思っていました。

 

NoraKura的なミニマリズムは

ミニマルな状態で生活することで自己満足することではなくて、メタ的に見たときにシンプルで洗練された美しい暮らしをすることかなぁと思っています。

要は第三者から見て、良いな自分もなりたいな、と思って貰えることですね。

ということもあって、

質の高いミニマリズムを維持するにはお金がかかるよー

と。

つまり、

ミニマリストはお金ない人がやっちゃいけないよ

って話になってくる訳なんですね。

 

想像してみると、

毎日同じ服のオジさんがいて、服にシミついてたり、袖が擦り切れたりしてたら、なんか闇が深いじゃないですか。笑

 

だから、

  • 質の良い長持ちする服を着る
  • 安い服を買って毎月リニューアルし続ける

など一般的な感覚以上に清潔感に気を配るマインドセットは必要になってきます。

 

NoraKuraは大抵黒Teeですが、だいたい毎月リニューアルしてます。黒って色褪せしやすいですしね。。。

 

そのため、断捨離やりすぎてペンケースすら持たずにペンを輪ゴムで縛るなどは、美意識もなく本質からズレてるなーと感じる訳ですね。

ステーショナリーは同ブランド同素材同カラーで統一するなどが正しい方向性かなって思っています。

 

他に例を出せばたくさん出てくるのですが、

キリがないといえばキリがないので、今回はこの辺りにさせてもらいますー

 

ミニマリスト生活は楽しいし

仕事や勉強でも成果を出しやすいと思いますのでオススメです!

ぜひご参考くださいねー

 

それではまた!

 

ミニマリストになった3つの理由〜なぜNoraKuraはミニマリストになったのか〜

ミニマリストデザイナーが考える2019的ミニマリズム

Please follow and like us:
20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です