理想のランチはコレだった。ミニマリスト的パフォーマンスを劇的に上げるシアワセランチ。

 

さて、2度目の記事となります。

 

第1回の記事でとにかく行動!みたいな最近のビジネス書然りな内容を書きました手前、自らも毎日しっかり書いていきます。汗

 

今回のテーマはランチです。

理想のランチはコレだった。ミニマリスト的パフォーマンスを劇的に上げるシアワセランチ。。

 

こういう健康系の情報は、年間数千の論文を読みまくるパレオさんなどからの情報を参考に自分で試してみて、良かったものだけアウトプットしていくことにします。

 

さて、ランチですが、1日のパフォーマンスを向上というか、良い状態に持っていく為には、ランチが1日を制すると言っても過言ではないです。

 

美味しいもの食べたり、気合いの入るガッツリ系を食べたり、人によってさまざまだと思いますが、筆者からするとパフォーマンス上げるためには基本的には全てアウトですねー

 

まぁ単純明快なアンサーなんですが、要は眠たくならない食事摂取をすれば良いのですよ。

 

つまり炭水化物をはじめとした糖質摂取をしないのがベストです。

 

世の中のランチは糖質目白押しですからね、これが最悪です。

 

人がお腹をすかせている時は、いわゆる低血糖状態ですが、糖質に栄養バランスが傾きまくった現代のランチを食べると、すごい勢いで血糖値が上昇します。

 

ここの血糖値のギャップで、睡魔が悪さをするんですねー

 

そして、これだけではまだ終わらず、血糖バランスがジェットコースター状態になっているので、今度はすごい勢いで降下していきます。

 

この急降下のおかげで今度は極度の空腹状態が訪れます。

 

そして、その空腹状態に耐えられず、人々はお菓子やら何やらで間食をし、また血糖ジェットコースターを昇らせてしまうのです。

 

つまり空腹感と眠気の負の無限ループにどんどんハマっていくのです。

 

これはもう仕事や勉強どころではないのはいうまでもないですよね。笑

 

そこで、

筆者が提案するランチメニューは

ゆで卵とプロテインです。

 

これめっちゃ良いです。

何が良いかというと

 

・タンパク質で低糖質なので食後の眠気もなければ腹持ちが良い

テストステロンが分泌されるので気分も工場

・食事時間が秒、価格も安いので、空いた時間やコストを別に充てられる

 

大きく、上記3点です。

 

特に3点目は大きいですよね、たかだか仕事中の食事に時間もお金も取られるなんて勿体ないですよね。

 

ただ、ポイントはあって、ランチで糖質を抑えているので、ディナーでは炭水化物もしっかり摂取してください。

低糖質状態が続くとテストステロン値が下がるので、やる気も起きず鬱っぽくなっちゃいますので、ご注意を。

 

まー眠くなろうがランチはガッツリ食べないとダメっていう人もいると思うので、その辺はお任せですが、

もしその人がパフォーマンス悪い場合は物陰からタマゴぶつけましょう。

 

筆者も基本大食いですが、パフォーマンスが下がるのがストレスでコレを試した結果、すんごい改善しました。

 

美味しいものはディナーまで我慢してストイックに手を動かし続けようぜ!

 

以上でしたー。

 

 

 

インプットした情報はどうしてる?ミニマリスト的空っぽ人間にならないためのマインドセット

 

弊ブログ最初の記事となりますー!

 

このブログの趣旨は、筆者のインプットした情報の備忘録だったりアウトプット用だったりするのですが、

人生なんとなく行き詰まってる人や、若いビジネスマンとか、もっと楽しく生きたい人なんかへの役に立てればいいなと思っている感じです。

そういう筆者はというと、いちおう組織に属してはおりますが、自分で好き勝手やるのが好きなので、かなり自由にやっちゃってます。

まぁ、こういう環境を用意するというのも普段の努力次第ということです。

さて、前置きはこのくらいにして最初のテーマ

インプットした情報はどうしてる?ミニマリスト的空っぽ人間にならないためのマインドセット

 

最近は意識高い系とか、某News○icksなんかのサードウェーブ系メディアが流行し、

幻○社のカリスマ編集者の活躍でいろんなビジネス書がバズっていたりと、近年稀に見る意識高い系祭りであります。

かくゆう筆者も、大学生から20代前半頃にかけては意識だけは高く、

“本の虫”ならぬ”新書の虫”でした。

そんな感じで、ウンチクだけは溜まりに溜まり、情報過多で頭デッカチになり過ぎて、行動がどんどん後回しに。。。という悲しい状況でした。

あ、良いことと言えば一般常識とかのテストの点だけは高かったですよ笑

弊記事を読んでいただいている方の中にも、以前の私みたいな方がいらっしゃるのではないでしょうか。

 

でも、ココを脱却するにはとても良い方法があるのです。。。

 

「やらざる得ない状況に自分を持っていく」ことです。

 

もっと簡単にいうと

 

「自分への無茶振り」です。笑

 

筆者はコレに気付いてからは、思考が超シンプルになり、

やりたい事もすぐ取りかかれるようになりました。

いや違うな、

やりたいコトを逆にやらざるを得ないコトへ変化させることが超上手くなりました。

 

コレはめっちゃ良いです。

やらざるを得ないコトって、自分だけで完結するものでは基本的にないんですよ。

相手があって、相手のために、相手のことを想って行うことなのです。

 

ちなみに、例がないとピンとこないと思いますので、例を挙げると、

 

デザイナーに憧れて、なんとなく本を買ってみたり、ソフトをインストールしてみたけど、特に作りたいものもないし、どうしよっかな…

ギター弾けるようになりたくてギター買ったけど、一人で部屋で弾いてるだけだとツマンナイな…

 

まあ大体こんなもんです。

解決策は一つしかないんです。

 

だれからでも良いからデザイン請け負っちゃおう!

友達の披露宴で弾き語っちゃおう!

 

なんでも良いからまずTO DO化することが肝心です。

 

でも、声をかけたり募ったりするときに絶対にやっちゃいけないことがあるのです。

それは…

 

「まだ始めたばかりなんだけど…」

「あんまり自信はないんだけど…」

 

っていう言いがちなクソ保険。です。

 

収益があろうがなかろうが、クライアント(相手)があればそれはもうプロフェッショナルなのです。

だから初心者だろうが、経験がなかろうが、最初はこう言いましょう

 

「俺デザイナーなんだけど今度の○○、招待状作ってやるよ、報酬は気持ちで良いよ」

「得意のめっちゃ良い曲あるから今度歌わせてよ!」

 

たとえハッタリでもこう言い切っちゃいましょう。

言ったあとやべーやべーと筆者も毎回思っております。笑

でもあとは簡単で、準備するだけ。

 

ゴールが決まったら行動はじめるのはめっちゃ簡単です。

ハッタリを実力に変えた時に充実感は半端ないっすよ!

インプットをどんどんアウトプットせざる得ない状況に変化させて、

どんどん中身の濃い自分にしていきましょー!

 

一発目でした!